とうもろこし茶は妊婦の便秘対策と健康維持に効果あり

お腹が苦しくて・・・

元々便秘がちだった私ですが、妊娠してさらに便秘がこんなにつらいものだったのかと、思い知らされました。

 

今は妊娠初期の3か月です。
まだ見た目では妊婦と思われないのですが、つわりも始まりかなり気持ちはブルーです。

 

つわりであまりご飯が食べられないせいか、妊婦がそもそも便秘になりやすいのか、全然トイレに行っても出ない!
便意自体は薄い気がしますが、お腹が重苦しいのと、便を出したいという気持ちだけがあるような感じです。

 

まだ初期なので、子宮の内膜が充血しているらしく軽い出血がみられます。
慌てて病院へ行くと、心配ないですよと言われ、特に何も処置はなく帰されました。
ただ、あまりトイレでいきんだりしないようにと言われているので、本当に困ってしまいます。

妊娠と便秘の関係

私はなぜ、ここまでひどい便秘になってしまったのでしょう。
やはり妊娠したことと関係はありそうですよね。

 

妊娠中は分泌されるホルモンの量も変わってきます。
かなりホルモンバランスは乱れてくるようで、自律神経失調症のような状態となってしまい、排便の指令が降りてこないのです。

 

また水分もお腹の赤ちゃんへと行きますから、妊婦はたくさん水分摂取をしないと自分の分まで追いつかないことになります。

 

今は初期ですが、段々にお腹も大きくなってくると直腸を圧迫していき、排便運動がスムーズにいかなくなります。
これは、今のうちに対策を考えておかないと・・・。

 

とりあえず病院、それから対策

出血が気になるので、あまり無理せずいきまないようにしていると、1週間近く出ませんでした。
さすがにつらいので、産婦人科で事情を話し、薬を処方してもらいました。

 

薬をもらってなんとかいきまずに排便することは出来ましたが、出産までの間ずっと薬に頼るのも嫌なものです。
ここで便秘対策について調べていくことにしました。

 

妊婦の半数以上は、便秘に悩んでいるというデーターがあります。
妊娠中に実践できる解消法をまとめていきます。

 

・朝起きたら白湯を飲む事
・お米を玄米に替える
・オリーブ油を摂る(オリゴ糖も効果がある)
・軽い運動をする
水分をたくさん摂る
食物繊維を摂る
・お腹や腰のマッサージ(あくまでもソフトに)

 

ただ、食べ物に関してはつわりもあるので、無理はできないのが厳しいところです。
自分に合う解消法がみつかると良いのですが・・・。

薬を手離せるよう習慣にしたい事

対策は色々やってみましたが、体調の悪い日も続き、結局は薬に頼ってしまいます。
今は無理は禁物だから仕方ないと思いつつ、いつ終わるのかもわからないつわりで滅入るばかりでした。

 

時折、近所に住んでいる母が私の様子を見に来てくれます。
食事もままならないので、心配に思って実家で作ったおかずなどを持ってきてくれるのです。

 

いつも私がぬるめの麦茶を飲んでいるのを見た母が、
「麦茶も良いけど、何かもう少し栄養が摂れるお茶とかにしてみたら?」と言い出しました。

 

確かに飲み物なら受け付けるので、もっと栄養のあるものに変えても良いのかもしれないと思いました。

 

そこで何か良い物があればと探してみると「美甘麗茶」というとうもろこし茶が原料のお茶をみつけました。

 

とうもろこし以外にも便秘に効果がある自然の成分が入っていて、妊娠中でもノンカフェインで安心して飲めそうです。
ただお値段もそれなりにするので、少し迷ってもいました。
味も受け付けないものだったら、飲めないですし・・・。

 

 

でも母が「飲めなかったらもらってあげる」と後押ししてくれたので、とりあえず試しに買って飲んでみることにしました。

 

心配だった味は、美味しかったです。
これなら毎日飲めるし、甘さがあるのでリラックス出来ます。

 

お茶を飲み始め、週数も進み2〜3週間が過ぎた頃には、つわりも少し落ち着きました。
食事も摂れるようになったせいもあり、便秘も段々と良くなっていきました。
やっと薬なしでも出るようになり、気分も明るくなりました。

 

これからも食事に気を付けながら、お茶も続けようと思います。
お腹の赤ちゃんにも良い成分が入っているので、このまま産後もずっと飲みたいと思います。